内定者インタビュー

内定者インタビュー

内定者にアンケートを実施! 学生ならではの目線でボルテージについて、就活について、教えてもらいました。

Q1.ボルテージを知ったきっかけと入社の決め手は?

大学3年の時期からゲーム企業に絞っていたため、上場しているゲーム企業を調べていて知りました。
ボルテージは自社IPを重視しており、自分の関わったタイトルが様々な場所で展開される可能性に魅力を感じました!

もともとボルテージのゲームをプレイしたことがあり、
見覚えのあるキャラクターイラストに惹かれ、インターンに参加しました。
入社のきっかけは、コンテンツ創出とストーリー作りの両方に関われる会社は少なく、
1番自分のやりたいことが出来る会社だと思ったからです。

Q2.面接(ボル、ボル以外に関わらず)に向けてどんな準備をしましたか?

「自分の弱い面をどう強みへと変えるのか」という思考ができるよう、
日頃からそう考えるクセをつけました。
これには2つ意味があって、
1つ目は、アピールポイントを増やし、面接で多くのアピールをする。
2つ目は、辛さを和らげる。

就活では面接が上手くいかず、自分の能力に不満が沸き上がり、卑下し過ぎることがあるかもしれません。
なので、少しでも前向きになれるよう、弱さを長所と捉え、面接へのモチベーションを高めていました!

自分を偽らないように話すことを練習しました。
自分がしてきたことを、ありのままに。
そうすることで過度な緊張もなく、思っていることを伝えられたと思います。

Q3.社員(面接、座談会など)や、同期の印象は?

社員さんは、丁寧に接していただき、働くイメージを想像することが出来ました。
同期は、みんなとても優しく、切磋琢磨出来そうだと感じています!

面接では、格式張った定型的な儀礼で終わらせるのではなく、
奥底の人間臭さまで見ようとしてくれました。

社員さんも同期も、とてもおおらかだけど、
しっかりと自分の芯を持っている人が多い印象でした。
業界のこれからや自分のやりたいことなど、
将来のことをまっすぐ見据えているところが素敵だと感じました。

Q4.入社後にやりたいこと!(仕事)

とにかく沢山の仕事をして知見を広め、会社の利益として還元したい!

多くの人に共感、感動してもらえるシナリオを、
ライターさんと一緒に考えたいと思っています。
そしていつかは、コンテンツの枠を飛び越え、
誰かの人生に寄り添えるような、
そんな素敵な商品を一から企画するのが夢です。

Q5.オンライン面接の苦労・心得

少しラグがあったり、話し始めるタイミングが被ってしまうことがありますが、
落ち着いて一拍おいてから話し始めるといいと思います!

・リアクションを大きくする
・もっと笑顔を意識する
・普段よりもゆっくり、大きな声ではっきりと話す
・照明は明るめにし、メイクしている場合は少し濃くする
・使い慣れないツールを使用する場面もあるかと思うので
 事前に友達や家族に協力してもらい、慣れておく

こんなことを気を付けていました!