コンテンツ制作の流れ

work-ヒットの舞台裏には、完全な自社オリジナルのプロセスがある

企画からプロモーション、そして海外へ

ボルテージが数多くのヒット作を生み出し続けることができるのには、理由があります。それは、全工程を自分たちで手掛けるオリジナリティの追求と、G-PDCAの繰り返しによりクオリティアップを図る社員たちの情熱、そしてチームワークの力で支えられています。

企画

新たなコンテンツを考え、立ち上げる

  • 構想を練る
    主人公の境遇や性格は?どんな男性と恋に落ちるのか?マーケティングの視点も加えてストーリーの骨格を綿密につくり上げる。
  • 企画のスクリーニング
    数々のアイデアの中から候補に挙がった数案を、ユーザーアンケートなどでふるいにかける。
  • 演出方法を決める
    考え出した構想を具体的なストーリーとして展開していく。
  • シナリオ・イラスト
    作品の世界観にあったシナリオライターとイラストレーターを選定。登場キャラクターを決め、台詞や画のタッチなどディテールにもこだわる。

制作
コンテンツを運営し、更新していく

  • 運営
    会員数の推移データやユーザーアンケートをもとに、サイトを更新。新たなストーリーやキャラクターを追加することも。
  • 仕様書作成
    要件定義書やフローチャート、UIイメージなどを検討。まとめた仕様書を作成、開発・デザインとの意思疎通を図る。
  • 改善
    配信したコンテンツの動向をチェック。売上やプレイ者数などを毎日確認し、課題解決に当たる
開発
コンテンツごとのシステムの設計・開発

  • システム設計
    企画担当者と打合せたのち、コンテンツのドラマ性を最大限に活かすシステムを設計・開発する。
  • デバッグ
    開発したプログラムが正しくプレイできるか動作確認。機種依存などがあるため、さまざまな端末でチェック。
  • フレームワーク
    システムの基本構造を共通化(フレームワーク化)することで、展開スピードを早める。

インフラ
システム安定稼働のための保守と運用

  • サーバー構築
    想定される会員数から必要となるサーバーの台数等を割り出し、構築する。
  • 会員数の増減に対応
    予想を上回るハイペースで会員数が増加することも。アクセスが増えそうな時期を予想して、サーバー量を調節する。
  • 安定稼働を見守る
    セキュリティ強化やデータのバックアップなど、日々のシステム安定稼働を支える。
プロモーション
バナー広告やTVでのコンテンツの宣伝

  • 広告メッセージを考える
    企画担当者と打ち合わせを重ね、ストーリーのテーマやあらすじをもとに訴求ポイントを考える。
  • メディアの選択
    タイミングやターゲットなどによってWeb、雑誌等の広告メディアを精査し、最適な方法を考える。
  • TVCM展開
    限られた時間で何を伝えるのか。ターゲットの心に響くシーンや台詞を考える。

デザイン
コンテンツや広告のデザイン

  • 「魅せ方」を考える
    企画スタッフとのミーティングでコンテンツの世界観を共有。キャラクターのカッコよさを引き出し、ストーリーを最大限に活かすデザインを考える。
  • デザイン製作
    作品の顔となるトップ画面やロゴのデザインを製作。ロゴのデザインからUI・UXなど、ユーザビリティを考えた全体の設計も考える。
  • 広告デザインの製作
    プロモーションサイトやバナー広告のデザイン製作を進める。
海外展開
海外市場のリサーチ
海外版の企画・制作

  • キャラクターを選ぶ
    日本の「イケメン」が万国共通とは限らない。同じキャラクターであっても、対象地域の嗜好性に合わせてデザインを変更する。
  • 作品を選ぶ
    これまでのヒット作の中から海外市場での優位性が見込める作品を選定。舞台設定をはじめ対象地域の恋愛観や好みなども徹底リサーチする。
  • システム設計・配信
    主にベトナムの海外拠点が海外版のシステム設計・配信を担う。現地スタッフと協力しながら世界中のユーザーに配信。安定稼働を見守る。
  • 翻訳家を選ぶ
    ボルテージ作品の魅力を世界に向けてしっかりと発信するために、最適な翻訳家を探す。コンペを通じて数多くの候補者の中から選び抜く。
  • 海外オリジナル版も配信
    世界市場に向けた100%オリジナル作品の海外版をサンフランシスコスタジオで制作する。