社員紹介11

現在の仕事内容

新卒採用担当として、会社説明会やインターンシップの企画・運営から面接対応など、皆さんが内定を獲得するまでのサポートはもちろん、内定者懇親会や内定式など、入社までのサポートも含め一貫して担当しています。採用は皆さんの前でプレゼンテーションをしたり、司会進行したりと一見すると華やかに見えがちですが、資料作成や会場準備、細かな手配など、実は地味な作業の方が多いんです(笑)そんな地味な作業でも、採用に関わる人が少しでも気持ち良く過ごしてもらえたらいいなという気持ちで頑張れるので、意外と好きですね。

仕事で嬉しかったエピソード

私は新卒入社後すぐに採用部に配属されたため、会社のこともまだよく知らない、この間まで学生だった自分が新卒採用担当で大丈夫なのか…?!と、当初はとても不安に思っていました。
しかし、そんな自分だからこそ学生さんの気持ちを汲んで、親身に就職活動をサポートできるのではないかと考えるようになり「学生さんの不安を取り除くこと」「自分が就活中にしてもらって嬉しかったことをすること」の2つを目標に学生さんと接するようにしました。
そうして数カ月たった頃、選考に参加してくれていた学生さんから「見代さんのおかげで面接を乗り越えられた、一緒に働きたいと思った」というお手紙をいただきました。
自分の行動に勇気づけられたと伝えていただいたことはとても嬉しく、ここではじめて新卒採用担当としての自分を肯定する事ができた気がしました。今でも心の支えになっている出来事です。

仕事で苦労したエピソード

私が仕事で苦労したのは「ゲーム企画講座」という新しいインターンシップの企画です。
私自身プランナーとしての経験が無く、ゲーム企画って何だ?!という状態だったため、当初はどこから手をつければいいのか全く分かりませんでした。
ですが、現場経験のある先輩に相談したり、講師担当のプランナーと打ち合わせをしたり、独学でゲームサイクルやマネタイズについて調べていく中でだんだんと理解が深まっていき、なんとか形にすることができました。
当日は学生の皆さんに楽しんでいただけるかハラハラしていましたが、結果として満足度も高く、良い経験になったと感じています。

入社理由

私がボルテージに入社したのは、「”恋愛と戦いのドラマ”の独自スタイルを追及する」という企業ビジョンが明確で、共感できるものだったということが大きいです。
就活中は何社もの会社説明会に参加し、様々な企業理念・ビジョンに関する話を聞きましたが、抽象的だったり幅が広すぎたりとその理念の下で自分が将来何をすることになるのか、できるのかということがはっきり見えないでいました。
そんな中ボルテージのビジョンはとても具体的かつ普遍的なものであったため自分の働き方を想像することができましたし、こだわりを持ってモノ作りをしている人たちと一緒に働きたい!と強く思い入社を決めました。
あとはオフィスが駅近で、地下を通れば雨の日も濡れないというのも魅力の一つでした(笑)

就活アドバイス

私が就職活動で一番大切だと感じたのは、表面的なものに囚われないということです。
例えば、面接に行って同じグループの人がめちゃくちゃすごいエピソードを話していて、一方自分は地味な話で「あ~終わった無理で~すさよなら~~」というような感じで気持ちが死んでしまうことってありませんか?
私も就活中はそんな感じで心が折れたりすることもあったのですが、重要なのは話の派手さなどではなく、その結果に至る過程で「何に対し、どんな問題意識をもって、それを解決すべくどう取り組んだか」だと思います。
たとえエピソードが一見地味だったとしても、その過程がしっかりしていれば人柄や魅力は選考官に十分に伝えられるはずです。選考に臨むにあたってこれまでの自分の行動を振り返って、自信を持ってお話して欲しいなと思います!

学生へメッセージ

採用担当は敵(?)じゃないよ!ということを強くアピールしたいです。
就活中は採用担当にも細かくチェックされているのではないか?!と恐れを抱く方も多いと思いますが、実際のところそんなことは無く、相談に乗ったり、時には雑談をして緊張を和らげたりなど皆さんのサポートをするのが採用担当の役目です!
なので、どんなことでも話しかけていただけたら嬉しいです。よろしくお願いいたします!笑

ほかの社員もcheck