遊びが、仕事に活きる。

コンテンツづくりに役立ててもらうために、一流の映画や音楽ライブ、演劇などのエンタメ鑑賞をしてほしい。そんな想いをこめて、3ヵ月に1度、17時に退出できる制度があるなど、福利厚生制度がユニークなところもボルテージの特徴。ここでは主な制度や環境をご紹介させていただきます。

ワークライフバランスを支える制度

●クォーター休暇

3ヶ月に1度、第2又は第3金曜日が全社一斉休業となる制度です。ボルテージでは3ヶ月を1年と見立て、
3ヶ月(クォーター)ごとに目標を立てて、スピード感を持って業務を行っています。
休・祝日では混雑してなかなか行けないような場所に行ったり、旅行したりなど、
思い思いにリフレッシュしてもらうためのお休みを設けています。

●エンタメ早退制度

ボルテージのコンテンツ作りに役立ててもらえるよう、3ヶ月に1度、
映画、音楽ライブ、演劇などエンタメ鑑賞のため、17:00に帰ることが出来る制度です。

●ノー残業デー

毎週水曜日はノー残業デーで、19時半までに退出します。

キャリア形成を支える制度

●育児休業/育児短時間勤務制度

当社規定により、従業員は、会社に申し出ることにより、
育児休業または、育児短時間勤務制度を利用することが出来ます。
(時短勤務の期間は、子供が小学校に就業するまでとします)

●産前産後休暇

6週間(多胎妊娠の場合は14週間)以内に出産する予定の女性従業員が請求した場合においては、
産前6週間(多胎妊娠の場合は14週間)の範囲内で、当該従業員の請求する期間の休暇を与えます。
また、女性従業員が出産した場合においては、産後8週間の休暇を与えます。

●子の看護休暇

子供の看護休暇のうち、2日間を有給とします。

※以下4項目は、試験的に実施中。有効性をみて制度化。

●チャイルドサポート休暇

入園式や誕生日など、子供の行事に積極的に参加できるように3日間の有給休暇を付与します。

●ママランチ会

3ヶ月に1度行われる全社会の際に、子供の預け先を支援するとともに、情報交換のためのランチ会を開催します。

●早期復帰支援金

出産後、10ヶ月未満で復帰した場合、月給×2ヶ月の支援金を付与します。

●託児所代補助制度

保育園等に子供を預ける際に要する費用の一部を付与します。

社内イベント

●ファミリーデー

ワークライフバランスの取り組みの一環として、社員の家族による職場訪問を年に一度行っています。

●リフレッシュ会・忘年会

毎年12月の忘年会に加え、期初である7月にはリフレッシュ会を実施。全従業員が一堂に会し、
職種を越えて交流できる場を用意しています。

その他

●書籍購入補助

社員のスキルアップを支援するために、仕事に必要な参考書や専門書籍の購入費用を補助しています。

●ボルテージアワード

チームで半期ごとに成果を上げた仕事について、経営陣にアピールできる制度です。

オフショット写真

ボルテージは仕事以外にも力を注ぎます。ここではそのほんの一部をご紹介させてください。